CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
CLOCK
MOBILE
qrcode
PROFILE
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS

だめぽブログ

tacoさんの暇つぶしブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| Posted by スポンサードリンク | | - | - |
【朴炳植】「ニッポン」の語源は「イルボン」。日本は韓半島の古代部族国家ウガヤが建てた国
■日本は韓半島の古代部族国家が建てた国 〜 「日本(ニッポン)」という国号の由来
  −− 朴炳植(パク・ピョンシク)/歴史学者

今日の「日本(ニッポン)」という国号は、元々「ヤマト(邪馬臺)」であった。そうした事実は、日本の万葉集は勿論のこと、魏志(倭人伝)の記録からも立証される。


そして彼らが初めて漢字で「日本」と表記し始めたのは、確実ではないがおそらく西暦670年前後、天智天皇の時代のことであったと推定される、と日本の学者たちは述べている。


注目すべきは、当時は「日本」と表記はしても今のように「ニッポン」と訓んだのではなく、それ以前と同じく「ヤマト」と訓んでいたという事実だ。そのような事実は、西暦750年頃に編纂されたと推定される万葉集に載っている歌で、漢字で「日本」と表記されている国号がすべて「ヤマト」と訓まれていることから、確認することができる。


それが今のように「ニッポン」または「ニホン」と呼ばれるようになったのは、「日本」に対する我が国の漢字音「イルボン」を真似たからだということを、認識せねばならない。すなわち、漢字の「日本」を我が国で「イルボン」と発音したが、彼らはそれを最初は「イルボン」と発音し、次第に「ニホン」と発音するようになったのだ。


ここで我が国の「イ-」が「ニ-」に、「-ル」が「-ッ」へ変わったというのは、現在我々が「イシ」と発音する「李氏」をかつては「ニシ」と発音し、漢字の「達」を我が国では「ダル」と発音するが日本人は「タツ」と発音するような「音韻変化の法則」のためだ。


時代を経るにつれ彼らは「-ル」を脱落させて、「ニッポン」と言っていたのを「ニホン」と発音する人が多くなった。そのようになると日本政府は国号を直して統一させようと、明治初期に緊急国会を召集して討議したすえ、「ニッポン」と発音するのが正しいという決議を通過させたが、今でも多くの人が「ニッポン」とも「ニホン」とも言っている。


一つ付け加えると、日本の元々の国号「ヤマト(邪馬臺)」とは、高霊(コリョン)地方を中心に栄えた古代部族国家「ウガヤ」の国号であり、日本列島に渡って現在の「ナラ県」地方に定着してその地域に新しい国(ナラ)を建てた我々の先祖が付けた名前だ。


今日、その地域を「ナラ県」と呼ぶのも、我々の先祖がその地に新しい国を建てたためであることを立証してくれる。


(筆者は日本天皇家を一生研究してきた歴史学者。日本の大学で教授を務め、著書に『日本語の悲劇』『日本語の発見』など20冊余りがある。現在は韓民族文化研究院学術顧問。)


▽ソース:ブレークニュース(韓国語)(2008/01/10 09:46)
http://www.breaknews.com/new/sub_read.html?uid=75985§ion=section14







こういうことはヨーロッパ(フランスとイギリスの関係とか)なんかでは実際によくあったことなので、こういう主張を下手に放置しておくと認められかねません。
日本国民として断固として抗議しましょう(・∀・)!!!
| Posted by tacoさん | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
国際情勢に最も肯定的な影響を与えている国
●世界へ好影響、日本がトップ=中韓では「否定的」−国際世論調査

 【ロンドン6日時事】国際情勢に最も肯定的な影響を与えている国の1つは日本−。世界の多くの人々がこのような考えを持っていることが、英BBC放送が6日公表した国際世論調査の結果で明らかになった。
 調査は27カ国の2万8000人が対象。列挙された12カ国について「世界に与える影響が肯定的か否定的か」を問うたところ、肯定的という回答の割合が最も高かったのが日本とカナダで、それぞれ54%。これに欧州連合(EU)53%、フランス50%、英国45%などが続いた。
 日本については、25カ国で「肯定的影響」との意見が「否定的」を上回り、中でもインドネシアでは8割以上が日本を評価。ただ、中国と韓国では「否定的」とした人がいずれも約6割を占めた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070306-00000045-jij-int




















朝鮮フィルター!!!




















●北朝鮮、世界第4位の否定的影響国

世界の人々は北朝鮮を、イスラエル、イラン、米国に次いで世界で4番目に否定的な影響を及ぼす国だと思っている、という世論調査結果が6日出た。

イギリスのBBC ワールドサービスラジオが最近、世界27ヵ国2万8千人を対象に、12ヵ国を提示して世界でもっとも肯定的/否定的な影響を及ぼしている国はどこだと思うかを調査した結果、否定的影響の順位で北朝鮮が4位となった。

<中略>

一方、もっとも肯定的な影響を及ぼしているとされた国では、カナダ(54%)、ヨーロッパ連合(53%)、フランス(50%)などが上位を占めた。

今度の調査の肯定的/否定的影響国の候補に韓国は含まれていない。

http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2007/03/06/0200000000AKR20070306005300071.HTML


--------------------------------------------------------



おいおい、日本は・・・



ま、いっか ( ´∀`)



調査レポート全文(英語)
http://www.worldpublicopinion.org/pipa/pdf/mar07/BBC_ViewsCountries_Mar07_pr.pdf
| Posted by tacoさん | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本は韓国に容赦を乞わなければならない
ソース:在外同胞新聞(韓国語)「日本は韓国に容赦を乞わなければならない」
http://www.dongponews.net/news/articleView.html?idxno=9714

ドルトムント外国人連合会三階大講堂で去る15日午後7時、韓独協会と日独協会が共同主催した「韓・日隣国の歴史的関係」を主題にした講演会が韓・日関係史専門家であるウルリッヒ・パウリ博士の進行で開かれた。

ウルリッヒ博士は韓国と日本の歴史を歴史的事実に基づいて、韓国人の観点や立場でもなく、日本人の観点や立場でもない、客観的な立場で両国の歴史を説明しながらその時その時の当時の状況を正確に指摘した。

ウルリッヒ博士によれば、韓・日関係は三国時代以前から壬辰の乱の前まではとても良い関係だったと言う。韓国は中国から影響を受けたし、日本は韓国を通じて文化を学んで習って生の質を向上したと言った。特に三国時代の時、百済の影響を一番多く受けたと言った。しかし、韓日関係は朝鮮時代、壬辰の乱を境に、協助の関係から敵対関係に変わったと言った。

この後から、日本が島国としての心細さを乗り越えようとし、今でも韓国、中国、ロシアなど多くの国と紛争をしていると言った。

2時間にわたった講義が終わると多くの質問があった。なかでもドイツ地方新聞記者である韓国人二世チョン・スミさんは「韓国はそんなに無能だったのか?」と質問した。ウルリッヒ博士は「韓国は無能ではなく仏教の影響で平和を愛し、慈悲が好きで戦争みたいなことは思いもしなかった」と言った。

今回行事の主催者であるヨーコ日独協会長は「日本が今までそんなに多く韓国を苦しめた事実を今日の講義を通じて初めて知った」「日本はこれまで韓国にあまりにも多くの過ちをした。容赦を乞わなければらない」と言った。

------------------------------------------------



数日後の予想:ウルリッヒ・パウリ博士「そんなことは言っていない」


>ドイツ地方新聞記者である韓国人二世チョン・スミさんは
>「韓国はそんなに無能だったのか?」と質問した。
>ウルリッヒ博士は「韓国は無能ではなく仏教の影響で平和を愛し、
>慈悲が好きで戦争みたいなことは思いもしなかった」と言った。

爆笑wwwwwwwwwwwwwww
| Posted by tacoさん | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |